« 安来節?(写真) | トップページ | ドラマ『医龍』(6) »

2006年5月22日 (月)

世界ふしぎ発見!「ホピ 地球最後の聖地」

今回のミステリーハンターは竹内海南江(かなえ)ねーさん。
あのタフさ加減と豪快っぷりをそんけーして、「ねーさん」と呼ばせてもらいますわ(=^^=)
でも調べてみたら、今年42歳なんですねー!!(°口°;)
もうちょっと若いかと思ってた。。。
でもやっぱ、「ねーさん」だわ( ^ー゜)b
ちなみにB型ですって。
(ねーさんは自分のHPかなな共和国をお持ちで、そこ情報デス)

今回、歩いてしか行けない場所も!
しかも往復4時間(しかし、オンエア時間はぽっちり)。
それも平坦ではないという所のレポで、やはり、そんな過酷なところは、ねーさんでなければ!!(My杖持ってた!)

で、リュックを背負っていましたが、そこに、なんとキイロイトリ発見!!Σ( ̄□ ̄;)
うれしくなっちゃったワタクシ(=^^=)
キイロイトリ好きなので(^.^)
キイロイトリ関連ページ
誰かにもらったのかな?自分で?
ちと気になる。
【追記】'10/5/8
「アメリカグランドサークル」の回。
今度は、“カモノハシかも”?(゜ロ゜)
※同じくサンエックスのキャラ。

ちなみに、ねーさん始め、ミステリーハンターの背負ってるリュックは、ゼロポイントのみたいです(昔、山屋だったオットによる)。

ちなみに、ねーさんプロデュースのリュックは↓
プログレ カナナプロジェクト リュックM ブラック
→詳細:かななリュック(こちら)

おしりのしっぽ―旅する私のふしぎな生活 (集英社be文庫) おしりのしっぽ―旅する私のふしぎな生活 (集英社be文庫)

著者:竹内 海南江
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今回のホピの村(アリゾナ州)って、なんとテーブルマウンテンの上!

最近は道が整備されて、車でも行けるようにはなったそうだけど、すごい場所。

ほかのネイティブ・アメリカンは場所を追われたけど、ホピの人々は、ずっとここで生活してるってことで、現存する最古の村なんだそうだけど、あんなとこ、住みたがらなかったから追い出されなかったのでは??

で、この村にテレビカメラが入るのは初とのこと。
そこにある博物館の取材も本邦初。
(それが立派な建物なの ^_^; )。

生活様式は現代化されたそうですが、セレモニー(かぶりものが多かったみたい)は昔のままで行われているそうです。

そしたらねぇ、精霊の人形(お守り)とか、出店みたい(屋根はなかったけど)に売っててタマげた(゜ロ゜)
もっと閉鎖的に暮らしてるのかと思ったけど、もう観光地なのねぇ。。。
テレビカメラは初でもねぇ。。。

最近の『ふしぎ発見!』で多いけど、「今回初めてカメラが・・・」って、あれって、すごい熱意を持って頼んだりしてるのかしら?
それとも、単にそんなのに興味を持ったのが、日本人だけだったってことなのかな?
オットは「○ネだよ」なんて言いますが(;^_^ A フキフキ

結婚前の女性の髪形というのがイカしてた( ^ー゜)b
ちょっと『スター・ウォーズ』のレイア姫みたい。

参考→スター・ウォーズ忠誠 上 (1) ジャンプ先に拡大画像あり。

番組公式HP

輝く星 -ホピ・インディアンの少年の物語- 輝く星 -ホピ・インディアンの少年の物語-

著者:ジョアン・プライス
販売元:地湧社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ホピの太陽の下へ―女三人、アリゾナを行く ホピの太陽の下へ―女三人、アリゾナを行く

著者:羽倉 玖美子,辰巳 玲子
販売元:野草社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

インディアンカントリーの風に吹かれて インディアンカントリーの風に吹かれて

著者:大塚 浩司
販売元:ほおずき書籍
Amazon.co.jpで詳細を確認する

インディアン・カントリー―土地と文化についての主張〈上〉 インディアン・カントリー―土地と文化についての主張〈上〉

著者:ピーター マシーセン
販売元:中央アート出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 安来節?(写真) | トップページ | ドラマ『医龍』(6) »

旅行・地域」カテゴリの記事

テレビ(ドラマ以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界ふしぎ発見!「ホピ 地球最後の聖地」:

« 安来節?(写真) | トップページ | ドラマ『医龍』(6) »