« こんにゃくゼリー飲料 | トップページ | Shinzi Katohの雑貨 »

2006年11月15日 (水)

映画『7月24日通りのクリスマス』

おもしろそう(期待編)だったので見てきました。
クリスマスの話なんだからって思ってたけど、そんなには長くやってないかも(^_^;)
見ようと思ってる人は、お早く!

7月24日通りのクリスマス 7月24日通りのクリスマス

販売元:東宝
発売日:2007/05/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

うーん・・・
思ってた感じとは、ちょっと違ったかも。

かなり少女マンガっぽい。
そしてベタだね(^_^;)
ま、かわいらしーおはなしではあるけれど。

中谷美紀(サユリ役)も、老けたなぁ。。。
人のこと言えないけど(^_^;)

前より痩せたみたいだしねぇ。
この映画では、ドンくさっぷりも見られますが、めずらしいブリブリっぷり(化粧や服装)も見られます(^.^)b

注:私は『ケイゾク』ケイゾク DVDコンプリートBOX からちょっと好きですヨd(^_^)

出てる人がみんな、いい感じ(^^)b
小日向文世(サユリの父)
YOU(父のガールフレンド)
上野樹里(もみの木(^.^)bサユリの弟ガールフレンド)
佐藤隆太(サユリの幼なじみ)

中でも、YOUが実にYOUらしく良かった。

劇団ひとり、忙しいね~。
また出てた!
しかし、ホストって( ̄m ̄*)
店名の「15の夜」は尾崎豊か。
→『15の夜

沢村一樹、ほんのちょびっとだったけど(=^^=)
最後の、スウェットで掃除機かけてるトコとか(笑)。
それも、後姿からのカメラが笑いを誘ってヨカッタね(^_-)

川原亜矢子って、目の前にいたらすごそうだねぇ。
ゴージャスというか、濃いというか。

「謎のポルトガル人親子」(公式サイト情報)というのがまた!
(^^)b
親子だったのか(笑)。
リスボンってポルトガルd(^_^)
サユリの妄想に登場。
ヘンな妖精(にしちゃデカかったけど^m^)かと思ってた(爆)。

最後に、大沢たかお(王子様聡史)。
なんか、もったいない。。。
ま、いろんな役もやるよね。
※関連ページ:大沢たかお

ツッコミどころもあり(;^_^ A フキフキ
サユリの弟(阿部力)の結婚式で、和子(YOU)なぜ、あの靴を!?とか、
最後のいーとこ、サユリ、泣きつつ、鼻も出てる!?とか・・・
↑そんな私はひねくれてる??(^_^;)
ライティングは、かわいくて、素敵だった(^^)b

まだまだあるけど(笑)。

そうそう、びっくり!だったトコ。
使われてたコミックの絵、いがらしゆみこでしたね~。
ほんとに最後、青田典子が!(゜ロ゜)
ワラッタ。

レイトショーで見ましたが、首をひねる人、いっぱい。
一人で見てたおじさんとか、会社帰りのヤロー3人づれとか。
中谷ファン??

大ヒットはしないな、という映画かな?
景色はキレイだった。
秋じゃないときに撮影したはずなのに、みんな枯れ色。
落ち葉もいっぱいあった。
あれ、大変だったんじゃないかなぁ。

※関連ページ
映画『嫌われ松子の一生』
映画『自虐の詩』

↓クリスマスソングも入ってる

「7月24日通りのクリスマス」オリジナル・サウンドトラック Music 「7月24日通りのクリスマス」オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:サントラ,エラ・フィッツジェラルド,白石圭美,服部隆之
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2006/10/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« こんにゃくゼリー飲料 | トップページ | Shinzi Katohの雑貨 »

邦画」カテゴリの記事

コメント

わきも、うまい役者さんで、かためてますよね。
ほのぼのとした、いい映画でしたよね。最近泣く映画がはやってますんで、はやんないでしょうね、って思いながらみてました。
どこから、とんでこられたか、わかりました(^^)

投稿: 悠 | 2006年11月27日 (月) 08時36分

わかりましたか?(笑)。
ネットの世界も案外せまいですかね?

投稿: しずく→悠さん | 2006年11月27日 (月) 15時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『7月24日通りのクリスマス』:

» 映画「7月24日通りのクリスマス」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
これはまるで少女漫画の世界だよね、『電車男』製作チームによるクリスマス・ラブストーリーというキャッチコピーは、なんとも一抹の不安を抱かされた・・ サユリ(中谷美紀)は長崎で市役所勤めの地味で冴えない女の子、自分の住む町をポルトガルのリスボンとダブらせて&quo... [続きを読む]

受信: 2006年11月18日 (土) 03時09分

» 【劇場鑑賞122】7月24日通りのクリスマス(Christmas na Avenida 24 de julho) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
妄想のリスボン(実は長崎)を舞台に、ダメな私の恋が始まる! クリスマスには、告白しよう。 [続きを読む]

受信: 2006年11月19日 (日) 23時10分

» 7月24日通りのクリスマス(映画館) [ひるめし。]
クリスマスには、告白しよう。 製作年:2006年 製作国:日本 監 督:村上正典 出演者:大沢たかお/中谷美紀/佐藤隆太/上野樹里/阿部力 時 間:108分 [感想] 久しぶりに人が死なない日本映画を観た気がするわ。 正直、微妙な感じだったのよね。 映画じゃなくても2時間ドラマでもよかった気がした。 長崎とリスボンの風景はキレイだったんだけどね〜。 劇団ひとりの役は狙い過ぎ・・・。 唯一おもしろかった�... [続きを読む]

受信: 2006年11月23日 (木) 17時08分

» 『7月24日通りのクリスマス』 [Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐]
クリスマスまで、あと一ヶ月と少し。 クリスマス商戦もヒートアップするなか、今年こそは彼氏とクリスマスを迎えたい!! そんなどこにでもいる女性のごく当たり前の願いを、妄想一杯・暴走も少々一緒に描いたハートフルな作品『7月24日通りのクリスマス』 クリスマス前に、素敵なプレゼントをもらえた様なちょっと得した気分にさせてくれる不思議な作品です。 心に描く理想の王子様ランキングはあるものの、なかなか一歩... [続きを読む]

受信: 2006年11月25日 (土) 20時54分

» 7月24日通りのクリスマス(^^♪ [銅版画制作の日々]
 クリスマスには、告白しようガンバ〜レサユ〜リ先週の木曜日、支援の仕事でE・Mさんとこの映画を鑑賞しました。場所は三条河原町の東宝公楽で・・・。祝日でしたが、お客さんも少なくて、ゆったり鑑賞いくつか映画を紹介したら、これがいいとのことでした。彼女もこんなが夢なのかもしれません 主演は中谷美紀・大沢たかお、中谷美紀演じる本田サユリは、じみ〜なファッションにばさばさの髪、そしてすり落ちそうなメガネ。生�... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 22時27分

« こんにゃくゼリー飲料 | トップページ | Shinzi Katohの雑貨 »