« パンダ・ぱんだ・大熊猫 | トップページ | 大河『功名が辻』(4)まで »

2006年12月15日 (金)

エラゴン(本)

評判もいいようだし、本を読むのを楽しみにしてましたが・・・

エラゴン 遺志を継ぐ者―ドラゴンライダー〈1〉 エラゴン 遺志を継ぐ者―ドラゴンライダー〈1〉

著者:クリストファー パオリーニ
販売元:ソニーマガジンズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

私が以前、Amazonのカスタマーレビューを見たときは、いい評判ばっかりでした。
今、見返すと、若そうな人は絶賛してるみたいですねぇ。

うーん、私には、なんだか薄っぺらな感じが。。。
やはりというべきか、『指輪物語』文庫 新版 指輪物語 全9巻セット と比べると、話に厚みが無いような気がします。
(そりゃ、『指輪』は読みやすいとは言い難いですけどね)。
本は分厚いんだけどねぇ(^_^;)
著者のクリストファーくん、まだ若いですもんね。
ドラゴンライダーというのは、目新しいと思うけど。

私は最近、購入したので、帯に映画キャストが写ってるんだけど、「この人たちは、一体いつ出てくるのさぁ~?」という感じだったし(苦笑)。
アジハド(黒人の人)なんか、特にそう。
大部分が、エラゴン(主役)とブロムの二人で話は進んでます。
アーリア(女エルフ)も、冒頭で出てきたきり(それも、アーリアとはわからない書き方)で、かなり後のほうで出てくるけど、ほとんどしゃべらないし(^_^;)

エラゴン 遺志を継ぐ者 (Blu-ray Disc) ←帯と同じ写真
(公式サイトでこの壁紙もらえます)

これ、カッコつけで下からのアングルで撮ってるけど、みんな、鼻の穴見せてる・・・(;^_^ A フキフキ

映画は、かなり構成とか変えてるんじゃないかなぁ。
そうじゃないと退屈しそうだ。

ガルバトリックスはジョン・マルコヴィッチが演じてるらしいんだけど(上の画像右)、ちょびっとしか出てこないのかも。
でも、せっかく出てくるんだから、映画的にはもう少しあるよねぇ?
この人物、物語最大の敵なのに、存在はわかっても、何をどうするとか出てこない。。。
回想的にはあるけどね。

エルフって、なんとなくブロンドってイメージがあるけど、クリストファーくん的には黒髪みたい。
本の中では、黒髪の女性が多いです。
アーリアも本では黒髪だけど、映画(シエンナ・ギロリー)では赤毛っぽいねぇ。

あれー!!
このシエンナって、『バイオハザード・アポカリプス』バイオハザードII アポカリプス (関連こちら)のジル・バレンタインやった人!?(°口°;)
ほんとに、ジルになりきってたんだね~。
そんなに知ってるわけじゃないけど、全然わかんなかった。。。
Yahoo!映画を見る限り、もともとはブロンドなのかな?
ジルは黒髪だったけど。

エラゴン 遺志を継ぐ者

ロバート・カーライルは見事に、ダーザ(上のミョーに白い人^_^;)になってますね~(^^)b
でも、ちょっと弱そう?(^_^;)

なんだか、まとまりなく書いちゃいましたが、私はちょっと期待しすぎちゃったのかも。
帯に「世界を席巻した」って書いてあるんだけど、そこまで??って感じです。

映画は、どうしようかなぁ。。。

ドラゴンライダー2 エルデスト 宿命の赤き翼(上) 』も買っちゃったので、読んだけどね~。
その感想は、また。。。

そうそう、映画公開前日になったら、公式サイトトップの卵に変化が!
上のバナーから、どうぞ(^.^)b

エラゴン 遺志を継ぐ者 <2枚組特別編> エラゴン 遺志を継ぐ者 <2枚組特別編>

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2007/05/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« パンダ・ぱんだ・大熊猫 | トップページ | 大河『功名が辻』(4)まで »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エラゴン(本):

« パンダ・ぱんだ・大熊猫 | トップページ | 大河『功名が辻』(4)まで »