« 『ヒミツの花園』(ラスト) | トップページ | ゲーセン3 »

2007年3月23日 (金)

宮本文昭

昨日の『徹子の部屋』に出演。
少し前ネットニュースで、オーボエ奏者を引退なさるって見ましたが、今月いっぱいだそうです。

宮本氏といえば、たばこピースのCMで知りました。
って古すぎか(;^_^ A フキフキ
ウィキによると、あれは89年らしい(参照:ウィキペディア)。
くねくねしながらの演奏がクラシック的にはおかしかったらしいのですが、私にはそんなにヘンにも見えませんでした。
逆に、かっこいーCMでしたわ(^^)b

その頃はワタクシも、そーとー若かった(^_^;)ですが、アンテナに引っかかり。
当時、読売新聞(夕刊の一面、話題の人紹介の欄)にもインタビューが載ってました。
→って、まだ切り抜きがあった!(゜ロ゜)
「明日の顔(152)」ってコーナー。
この頃、新聞を隅から隅まで眺めるのが日課だったなぁ。

この方がきっかけで、私、オーボエって楽器をよく知りました。
リードは自分で作るとか。
インタビューでは、「作るための時間が膨大なため、つまらない楽器を選んでしまった」なんて。
リードを水につけておくというのは、ドラマ『のだめ』でやってましたが(^.^)b

CMの曲は、「メディテイション」と「ボヘミアン・ダンス」。
《試聴》はこちらから→ Fumiaki Miyamoto
※1曲からのダウンロードも出来ますd(^-^)
アルバム購入は→『Fumiaki Miyamoto

アルバム『ブルーヴォイス 』(90年6月発売)のジャケはCM撮影時に撮ったものかな?

iconicon

CM、こんな雰囲気でした。

以前、出演時82年のブイも流れましたが、ご両親は声楽家みたいですね。
その映像中でも、音楽よりチャンバラの方が好きで、ピアノの練習はさぼっていたという話をされていましたが、前出のインタビューでは、音楽を本格的に志そうと思ったときには年を取りすぎていて(中二)、オーボエくらいしか出来る楽器が無かったというような話をされてました。

次女の娘さんもバイオリニストで、この日、一緒に演奏もされたんですけど、その曲「Smile for Her」も上のジャンプ先で試聴・ダウンロード可。
作編曲者の朝川朋之氏も、この日ハープを演奏。

笑里(えみり)という名の娘さん(23歳)。

smile 宮本笑里 smile 宮本笑里

著者:宮本笑里
販売元:ソニー・マガジンズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

徹子も言ってましたが、めずらしいけど、いいお名前。
かわいかったなぁ(徹子も、かわいいわね~を連発)。
宮本氏、「赤ちゃんの頃、よく笑ってたんですよね~。でも最近は名前負けして、あまり笑わない」。

どうも、彼女、NHKのお昼の番組で生演奏してたグループに所属してたみたい(参照:ウィキペディア)。
あんまり見たことなかったけど、そういえば、そんなのいたなぁ。

ネットニュースでも、これからは指揮をするって書いてあったけど、小澤征爾氏に師事されてたそうで。
へぇ~。

SONY CLASSICAL JAPANとSony Music Internationalが誇る名演・名盤の数々をセレクト!

今度、4月から「ヱビス〈ザ・ホップ〉」(サッポロビール)のCMに親子で出演されるらしー。
「第三の男」をオリジナルアレンジだそうです。
興味あります。
↓コチラに、ボーナストラックとして収録されてます!

smile smile

アーティスト:宮本笑里
販売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
発売日:2007/07/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

《試聴・ダウンロード》はコチラから→「smile」

ちなみに、このCMはほかにもおもしろい方たちが出演。
坂本美雨・山田タマル、ゴンチチ、つじあやの、立花ハジメ・紺野千春、高田漣、近藤房之助、曽我部恵一・ASA-CHANG、小山田圭吾・ヤン富田の9組。
やるな、サッポロ( ^ー゜)b

|

« 『ヒミツの花園』(ラスト) | トップページ | ゲーセン3 »

クラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮本文昭:

« 『ヒミツの花園』(ラスト) | トップページ | ゲーセン3 »