« 冬の木立 | トップページ | 最近、気になる歌('07/03) »

2007年3月 5日 (月)

映画『ミリオンダラー・ベイビー』

賞もたくさん取ってたようだし、話題作だったので見てみました。

ミリオンダラー・ベイビー ミリオンダラー・ベイビー

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2005/10/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑Amazonのカスタマーレビュー、102件もあってビックリ!
やっぱ、話題作だけある?

しかし・・・・

元気になれるような映画じゃないですねぇ。。。

でも本当に、アメリカ辺りには、ボクサーになる前のマギー(ヒラリー・スワンク)のように、未来に何も無い人もいるんだろうなぁと、ちょっと切なくなった。
最近の日本も、そうかもね・・。

私は、人間生きてこそだといつも思ってますが、マギーの場合はねぇ・・・・・。

しかし、マギーの母親始め、あの家族はどーよ!?
でも、あんな家族もいるんだろうなぁ・・・(しんみり)。

なにしろ、ツライ映画でしたわ。。

・‥…━━━☆

普段、ボクシングに興味は無いのですが、スクラップ(モーガン・フリーマン)の解説はおもしろいなぁと思いました。
普通なら引く足を、ボクシングでは前に出すとか。
痛みに向かっていくんだというのが、すごくボクシングらしー。

スクラップの最後の試合(?)のエピソードが良かった( ^ー゜)b

ミリオンダラー・ベイビー ミリオンダラー・ベイビー

著者:F.X. トゥール
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 冬の木立 | トップページ | 最近、気になる歌('07/03) »

洋画」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ミリオンダラー・ベイビー』:

» NO.113「ミリオンダラー・ベイビー」(アメリカ/クリント・イーストウッド監督) [サーカスな日々]
「犠牲」なくして成立しないアメリカン・ドリーム。 イーストウッド監督が「ミスティック・リバー」でアカデミー2冠に輝いたのは、記憶に新しい。そして、今回は、本作品で7部門にエントリーされ、4部門でトロフィーに輝いた。いったい、アメリカの映像関係者は、この初老の監督に、なぜ、ここまで惹かれるのだろう。 役者としてのイーストウッドはTVの「ローハイド」で名前を覚えられたが... [続きを読む]

受信: 2007年3月22日 (木) 17時48分

« 冬の木立 | トップページ | 最近、気になる歌('07/03) »