« 中古で買った本(11/17) | トップページ | クリスマスの食器(お皿) »

2007年11月18日 (日)

映画『キル・ビル1・2』

あんまり興味なかったんだけど、ダリル・ハンナ(エル:眼帯の人)が出てるって知ったので、深夜にやってたし見てみました。

私、ちょっとダリル好き。
※関連ページ
映画『マグノリアの花たち』
『ラブリー・オールドメン/釣り大将LOVE LOVE日記』

キル・ビル Vol.1 (ユニバーサル・ザ・ベスト2008年第2弾) [DVD] キル・ビル Vol.1 (ユニバーサル・ザ・ベスト2008年第2弾) [DVD]

販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日:2008/06/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

しかし・・・

ハチャメチャな映画?(^_^;)

いや、タランティーノ監督の好きなもの色々へのオマージュというのは伝わるけどね。
でも有り得ない箇所とかもあって、笑った(^.^)
スプラッターなのは、「深作欣司監督に捧げる」だからかしら?
私、深作作品って、よく知らないけど。

ショージキ、途中やめちゃおうかとも思ったけど、なんでブラック・マンバ(ユマ・サーマン)がリンチに合わなくちゃいけなかったのかとか気になったし、ダリルとの対決がなかなか出てこないし、最後まで見ちゃった。

って、途中までかよ!?Σ( ̄ロ ̄lll)

そう、途中まででした。
まさに、2に続いてた。
あ、もともとは、1本の作品だったのか(上記のジャンプ先、Amazon商品説明より)。
でも、公開まで間に1年(?)あったみたいですけど、映画館で見た人はすっごいお預け状態だったんですね。
そら、気になる。

1でのダリル、対決は無いので、乱れもなくドール的。
ナースに変身の際には、眼帯もそれ仕様(^.^)b

初っ端の対決の人(ヴィヴィカ・A・フォックス)が、通販のビリーズ・ブートキャンプでコメントしてた人ねd(^_^)

ルーシー・リュー、『チャーリーズ・エンジェル』チャーリーズ・エンジェル コレクターズ・エディション [DVD] よりこっちが後ですね~(参照:ウィキペディア「ルーシー・リュー」)。
あ、『X-ファイル3』にも出てたんだ。へぇ~。
※関連:『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』

そのオーレン石井との対決ねぇ・・・
そうでもなかったなぁ。。
トリだったけど。

個人的には、栗山千明ちゃんの方が見ごたえあったなぁ(゜ロ゜)
(冒頭のクレジットも大きかっただけに?)
どこまで、彼女がほんとにやったかはわからないけど、理に適った動き( ^ー゜)b
“ゴーゴー夕張”っていうネーミングだったんだね~。
みんな「ゴーゴー」って呼んでた(笑)。
しかし、なぜ鉄球?(^_^;)
ははぁ~、『バトル・ロワイアル 』なのか。

日経 WOMAN (ウーマン) 2008年 01月号 [雑誌] 今じゃ、大人になったなぁ。。

北村一輝、二役なんだ。
チョイ役だけど、目立ってるなぁ。
そして、嬉々として演じてる感じが伝わる(^.^)b
なんかの番組で、どうしても出たかったって言ってたなぁ。

千葉真一氏が出てましたが、クレジットでは「SONNY 千葉」。
あ、これサニーって読むんだ(経緯は千葉氏のウィキ参照)。
外国用の名前作ったのね。

そうそう。
ジュリー・ドレフュス(ドレイファスじゃないんだね)が出てて、ビックリ!
女優もしてるのね。

キル・ビル Vol.2 (ユニバーサル・ザ・ベスト2008年第2弾) [DVD] キル・ビル Vol.2 (ユニバーサル・ザ・ベスト2008年第2弾) [DVD]

販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日:2008/06/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2の方が、万人向け?
それにおもしろかったかも。
パイ・メイに教わるとこは、カンフー映画みたいだったけど。
私にはお待ちかねのエル(ダリル・ハンナ)との対決が!(^O^)
そして、眼帯の訳も判明。
理由があって、良かった。

いやぁ、長身の女性の戦いって迫力あるなぁ。
しかも、あんな狭いトコで。
最後、狭いとこでの日本刀の戦いになって、どーすんだ!?と思ってましたが、納得( ^ー゜)b

うん、ダリル・ハンナ、カッコよかったd(^0^)b

最後のチョイ対決、ホテル従業員に扮した殺し屋:カレン(ヘレン・キム)がいい動きをしてましたゾ(^^)b

最後のビル(デヴィッド・キャラダイン)との対決、結構、高齢で、どうするんだろうと思ってたけど、またまた納得。
良い対決でした。

ラストは、ほっとする終わり方。
1を見てダメダメと思った人、2は大丈夫じゃないかと思いますよ
d(^-^)

ま、殺し屋って、平穏な暮らしは出来ないってことだよね。
(そりゃ当然?)

私が見たの、アジア公開版なのかな?
エンドロール、みんな紹介されてて、親切だ。
出てた人はうれしいよね。

最後に。。

これ、殺陣が見所だと思うけど・・・
美しさで言ったら、『スカイハイ劇場版』(感想)の方が勝ってると思うなぁ。
練習はしたんだろうけど、なんかねぇ。。
構え方がなんかカッコ悪いんだよなぁ。
ユマ・サーマン、刀だけでなく、他にもいろいろやんなきゃいけなかったみたいだから、無理も無いのかも。
ま、私も専門家ではありませんが、感じたままを言っております。。

※いろんな「あぁ~そうなんだ」は作品のウィキ「キル・ビル」を参照。

|

« 中古で買った本(11/17) | トップページ | クリスマスの食器(お皿) »

洋画」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『キル・ビル1・2』:

« 中古で買った本(11/17) | トップページ | クリスマスの食器(お皿) »