« クリスマスのおみやげ | トップページ | クリスマスケーキ二つめ('08) »

2008年12月28日 (日)

プリズン・ブレイク(シーズン3)

シーズン2の最終回の最後に、
主演の3人
ウェントワース・ミラー(マイケル役)
サラ・ウェイン・キャリーズ(サラ役)
ドミニクパーセル(リンカーン役)
のコメントが紹介されてて。

サラ「まったく違うドラマに出てるみたい」って言ってたけど。

♯3:望みなき者で、まさかの事態っっΣ( ̄ロ ̄lll)

『プリズン・ブレイク』って、結構、思い切ったことするよね。
シーズン1のベ○○○とか...
あのときも、ショーゲキだった。

この前の回で、サラの顔がはっきり映らなくて。
なんか不自然だった。
ちゃんと顔が映ったのは、最初の人質に取られた写真だけで。
妊娠したってニュースがあったけど、それと関係あるのかな?
リンク: 「プリズン・ブレイク」のサラ・ウェイン・キャリーズ、妊娠 - シネマトゥデイ.('07/01)
こちらには、夏の終わりごろ出産予定とありますね。
シーズン3は2007年の9月からアメリカで放送だったらしいので、やっぱ、そうだ。
参照:ウィキペディア「プリズン・ブレイク」

プリズン・ブレイク シーズン3 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD] プリズン・ブレイク シーズン3 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2010/08/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ちなみに、後々のインタビューでウェントワースが・・・

「サラが出なくなって怒ってると思うけど、続けて見てね」

って言ってた(^.^)b

♯4:フェンス
ヘイワイヤー(サイラス・ウィアー・ミッチェル)だ!(゜ロ゜)
もう出ないと思ってたけど。

ヘイワイヤーの死に関わったマホーン捜査官(ウィリアム・フィクナー/フィクトナー)とのカラミで。
へぇー。

マホーン、いろいろ悪いこともしてますが。
個人的には同情してます。。
ほんとの悪人じゃないと思うし。
そうそう!
いつの間にか、マイケルにもファーストネーム(アレックス)で呼ばれてますねd(-_^)

後の回で、FBIの黒人女性の元部下フェリシア・ラング(バーバラ・イブ・ハリス)が再登場。
そんな役名だったのか(^_^;)
参照:ウィキペディア「プリズン・ブレイク」
その際、久々にスーツ姿になりましたが、「やっぱり、スーツ姿が素敵」という感想に私も同感でした(^.^)b
それにしても、だいぶ本当に痩せましたねぇ。。
ティーバッグ(ロバート・ネッパー)の悪魔の囁きにも耳を貸さず、良く頑張ったヨ(;_;)

♯9:籠のトリ
“スクレ(アマウリー・ノラスコの役名)”って、シュガーって意味なんだ。
そうそう!
アマウリー、『CSI:NY コンプリートDVD BOX-1 』22話「クローザー」にゲスト出演してた!

♯10:裏切り者に死を
ベリック(ウェイド・ウィリアムズ)、脱獄の仲間になることと引き換えに、計画の邪魔になったサミー(ローレンス・メイソン)と決闘するよう、セオドア(ティーバッグ)に、そそのかされましたが。
あのとき、かわいかったな(=^^=)
しかし、結局、頼みの綱のアセトンが無くて
窮地にっっっ!Σ( ̄ロ ̄lll)
ベリック、絶体絶命bombのピ~~ンチpunchと思ったら・・・

大丈夫だったd(^_^)

やっぱり、昔からのメンツだから、一緒に脱獄するんだねbleah

しかし・・・
みんな、マイケルにばっかり頼る他力本願でムカツク。
ちっとは、自分でも考えろっ。
偉そうだよな(*'へ'*)

プリズン・ブレイク シーズンIII(1) (竹書房文庫) プリズン・ブレイク シーズンIII(1) (竹書房文庫)

著者:ポール・T・シェアリング
販売元:竹書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

airplane初来日しましたね('08/12)
リンク: 緊急来日した「プリズン・ブレイク」ウェントワース・ミラー、神秘的な坊主頭のメリットを語る! - シネマトゥデイ.

|
|

« クリスマスのおみやげ | トップページ | クリスマスケーキ二つめ('08) »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2687/39009890

この記事へのトラックバック一覧です: プリズン・ブレイク(シーズン3):

« クリスマスのおみやげ | トップページ | クリスマスケーキ二つめ('08) »